広告

 

 

あなたが勇者であることを忘れてはならない
あなたが王であることを忘れてはならない

 

世間はあなたが自然とあるがままに接することを許さないかもしれない
(世間はまるでそれが「仕方ない」事だというように装う。「それが望ましい事ではないのは承知の上ではあるし、君にとっていくらか気の毒でもあるのだが、目的のためにはそうである他ないのだ」という態度を装う。しかし、むしろそれこそが狙い通りだし、もはや目的の一つだとすら言えるほどだという事に気づかなければならない。)
あなたは世間と接するたびに、自然との接し方を忘れていくだろう
友情とはいかなるものであったかを忘れていくだろう

 

自然とあるがままに接する
そして驚き
自らの無知を知り
自然の意外さを受け入れる
これこそが自分らしさであり
科学的態度でもある

 

自分らしさとは
生まれ変わってとどまらないこと
科学とは
説の誤りを知ること

 

しかし世間は逆の事を言うだろう
自分らしさとは
変わらないこと
科学とは
正しい説のこと

 

個性を発揮し
自然に対して知らしめて納得させ
自然を作りかえて
自分が暮らしやすくなること
これこそが自分らしさである

 

目標の奴隷!
利益の奴隷!
未来の奴隷!
この奴隷根性がどれだけあなたを悲しませることか

 

あなたが勇者であることを忘れてはならない
あなたが王であることを忘れてはならない

 

6歳から23歳までの間に出会った私の学友たちは
すべて勇者たちであった
勇者でない人には会ったことがない

自然と真摯に向き合い
自分が何を知って何を知らないのか
いつも不安で怯えながら
傷つきながら懸命に目を凝らして
全身で自然を受けとめる勇者たちであった

そして自分なりの価値基準と法体系をかたちづくり
自然に対してもっともよかれとおもう態度で接する王たちであった

 

世間を冷たいと
殺風景と感じるのなら
自然とあるがままに接したあの勇気を
生きる望ましい態度がわからなくて模索したあの誇りを
いつでも思い出すように
喜びはそこにある

 

広告