広告

親愛なる皆様へ

Dear readers.
(親愛なる読者の皆さま)

この出だしで始まるのは、ル=グウィン御大のブログ。

なんだかナチュラリストだとか、左派の反動主義者だとか誤解されることがたまにあるが、ル=グウィンは情報化・デジタル化も思いっきり取り入れている。

作品にも、私生活にも。

たとえば『オールウェイズ・カミング・ホーム』の「未来へ還っていく」世界観は、土と草と木々と風と炎と詩とダンスとデジタルが融合していて、なんだかとっても心が透き通ったような気がした。

ぜひとも再読したいと思いつつ、もう7年ほどになる。

 

「今月に入ってからアクセスが20%increaseしてますぜ」とアナリティクスが言っている。

原因はわかっている。

翔太くんニューアルバムですね。

デジタル上で1曲ずつ小出しにするといういじらしい広報戦略で我々の心をそわそわさせる清水翔太のアルバムが、もうすぐ出るのだと俺は聞いている。

俺の脳内は情報過多だ。

昨日たまたまHUNTER×HUNTERの新刊をセブンイレブンで見つけたのは好運だった。

翔太くんのアルバムについても、もうすぐ出ることは知っていて、Amazonで予約もしているが、それがいつ発売なのかはとんと忘れたし、調べる気にもならない。

ある日突然、家に帰るとそこにディスクがあるのだろう。

「清水翔太からニューアルバムが届きました」とは、まさにこのことだ。

 

転職をしました

5月1日付で転職をした。

それで更新が滞っているわけだ。

ありがたいことにやることがたくさんある。

それでなくても情報過多で時間不足。

やるべきことはともかく、やりたいことだけは山ほどある。

「やりたいこと」の項目の中に「仕事」がやっと入るようになったのだから、転職においてこれほど嬉しいことはない。

それで「Dear readers」の皆さんに挨拶をしておこうと思ったわけだ。

すっかり更新が止まってしまってすまなかった。

俺は無駄には消耗してないぜ。

 

今日も家を平和に守って娘の健康を保ってくれている妻に大きな感謝を捧げつつ(育休中の身として、それ以上の働きがあるだろうか)、俺は近ごろもこのTokyoを歩いて働いて書いている。

このブログに載らなくとも、書いている。

いつか皆さんの目に届く。

このブログも終わらないぜ。

みなさんもよろしくやっていることを願う。

 

Dear readers.

May your neighbors respect you

Trouble neglect you,

angels protect you

And heaven accept you

 

 

広告