広告

 

 

図書館には本が並んでいる。
俺は図書館に行くと、活力が湧いてくる。
立ち並ぶ本たちが語りかけてくるものはなんだろう。
俺の知らない世界。
俺の行かなかった場所。
俺の生きなかった時代。
俺の出会わなかった人物。

 

ある背表紙に引かれ、手に取る前にじっと見つめる。
まだ読んでいない本、見ていない世界が、その直方体の中に秘められている。
広大な世界を秘めた一冊の本が、書棚に延々と連なっていく。

 

俺は図書館を歩くと、あらゆることを知りたくなる。
好奇心、探究心、向上心、冒険心が湧いてくる。
自分はこれから何を知り、何を見て、何を思うだろう。
広がっていく未来が楽しみになる。

自分も何か、そこに付け加えたくなる。
未来の誰かに、何かを見せてやりたくなる。

 

図書館は、そこに集まってきたすべての本たちによって形づくられている。
膨大な、洗練された、知識と知恵たち。
確実に、一人の人間の人生の範疇を大きく超えている。
それらを一人でつくることも、一人で読みつくし、知り尽くすこともできない。
そして、そこに俺も小さな何かを残したいと思う。
誰かがつくり、残してきた何かから、何かを受け取り、何かを付け加え、誰かに向けて残していく。
それを思うとき、自分は単なる個体としてだけではなく、「人間」という種に属しているのだと実感する。
大きな命の一員になれることを、誇らしく、頼もしく、ありがたく感じる。

 

図書館は、国を超える。
世界中のあらゆるところで書かれた書物たちが、そこに集まり、一つの図書館をつくり上げている。
図書館は時代を超える。
2000年前に書かれた書物も、昨月書かれた書物もある。
まさに四次元。
摩訶複雑怪奇な世界の光景がくり広げられる。
さらにそこに、もう一つの深み。
人の心という無限に奥深い次元が足される。

 

3:図書館という現実空間。
3:ワールドワイドな土地の広がり。
4:文明史を総べる時間の広がり。
5:人の心の奥深い広がり。

 

立ち並ぶ本たちが綾なす、言葉の五次元。
図書館は、命をささげるのに値する。

 

 

広告