広告

 

不満なのは、食事と睡眠と排泄のリズムが乱れる事。
消化器系の活動が乱れると、免疫系も鈍る。

 

視野が狭くなる。
比喩的にもそうだけど、現象的にも。
なんか、俺の体ってこんなに堅苦しくて不便だったっけ?とか思う。

 

もはやその仕事がどんなものであるとか、客観的にどんな位置にあるとか、考えない。
ただ、目の前の業務に淡々と取り組むだけ。

 

それで陰鬱かというと、そうでもない。
Anarchyや清水翔太くんの音楽聞いて、むしろなんか地に足ついてる。
少しでも空いた時間で、やりたい事だけやってる感覚がある。
これが、かつての俺にはできなかった。
時間が余るほどあっても、やりたい事に充てられなかった。
たぶんちょっと、逃げてた。
今やっとできるようになったのは、歳をとったのか、生活が身にしみたのか。
持てる力の範囲で、できる事をやってやろうと思う。

 

この生活をどうするのかが問題だ。
自分を変えるのか、環境を変えるのか、社会を変えるのか。

 

ただ気になるのは、妻の事。
もっと妻と、生まれ来る子について、考えないと。
俺、今、自分の事ばっかり考えてる。
美しい音楽とか文章の事じゃなくて、誰のために何をできるかを考えなくちゃ。
働く俺を応援してくれるのは妻で、妻を想う俺を応援するのは俺さ。

 

 

 

広告